スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチロー
2008年 10月 24日 (金) 08:21 | 編集
世の中(日本)には、天才という通り名を持つ方は沢山います。
ジャンルはそれぞれ多岐に渡り、やはりどの分野でも世界トップor日本トップクラスの実力をもっている方ばかりです。

それら日本人の中で、もっとも『天才』という言葉が似合う人物は、イチロー選手以外いないのではないかな?と思いますね。

日本で常にトップを走りぬいている人は沢山いますが、世界にでたらアレ?な人が多くてガッカリする事もしばしばですが、イチロー選手は、世界に飛び出してもなお日本以上の記録を出し続けている。さらには、世界一の座まで上り詰めたという点。

その舞台『MLB』といえば、世界中の超一流が集まり生きるか死ぬかのせめぎ合いを毎日繰り広げる場所であり、ファンの目も世界一厳しい(この辺は、エンターテインメントに関しては世界一のアメリカですね)、打てなければ、即マイナー。試合も10ヶ月で162試合を、全米中を移動して消化するハードスケジュール。(ぬるま湯の日本の野球選手も見習ってもらいたいですね)
そこで、結果を出し続けるというのは途方も無さ過ぎる現実・・・!
ボンズやジアンビー等の超々一流選手ですら結果を残すため、ドーピングに頼らざるを得ない状況なんだから、MLBの過酷さがよくわかります。。。

それ程の舞台で、世界一の記録を出し続ける男はあらゆるスポーツだけでなく、科学、芸能、あらゆる分野の中でもイチロー選手だけじゃないかなと思ったりします。。。

もし、イチロー選手が、ゴルフやテニスを始めていたら、フェデラーやウッズなんか目じゃないという気がしてきたり。

そういう妄想大好きな私ですが、やはりイチロー選手クラスの結果を出し続けている人こそ『天才』という言葉が相応しいと感じますね。むやみやたらに『天才』という言葉は、使ってほしくない。
日本にはイチロー選手という本物がいますからね。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) キラ速管理人の憂鬱 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。